減少と保証とバックボーン

困った表情の女性

チャージバックが発生してしまうことを未然に防ぎながらも、万が一発生したとしても、適切に保証してもらうことが出来るチャージバックプロテクションのサービスはEC事業を運営していく上で必要不可欠といっても過言ではないでしょう。
そんなサービスだからこそ、現在では加盟店もうなぎのぼりに増えている状態となっています。
ですが、そうして加盟店が増えれば増えるほど気になってくるのは、保証によって支払いが多くなってしまった場合に会社としてやりくりはできるのか?という事です。

このチャージバックプロテクションのサービスを提供しているイーディフェンダーズは、中古車輸出で日本を代表するエスビーティーのグループ会社であるため新進気鋭の中小企業というわけではなく、確かなバックボーンをもつ企業となっています。
それゆえに、保証による支払いがある程度重なったとしても、会社の運営が成り立たなくなってしまうというようなこともあまり考えられません。
バックボーンが何もないような場合であれば、やはり資金的な部分でのやりくりに不安というのがどうしても残ってしまいますが、イーディフェンダーズではそうした不安の部分がすべて解消されているため、提携する企業が非常に多くなっていますし、加盟店も増えていると考えられるのです。
とはいえ、やはりそうした部分での不安を感じる人は少なくありませんから、今後の動きについても注目していくという事が非常に重要なのです。