ECの天敵とはなんぞや

タブレットをタッチしている男性

ECにおける問題はいろいろと考えられますが、事業として展開していく上でクリティカルな問題としてしばしばあげられるのがチャージバックです。
このチャージバックは、発生してしまうだけで大きな打撃となってしまうのです。

チャージバックとは、クレジットカード会社からの支払い拒否のことです。
ではなぜこのようなことが発生するのでしょうか?理由は非常に単純です。
EC事業では支払いはクレジットカードがメインです。もちろん銀行振り込みや代金引換なども可能ですが、クレジットカードが利用できれば利用するという人は少なくありません。
ですから、クレジットカードでの支払いができるというのは、それだけで消費者を集めることが出来るためECにとっては非常に重要なポイントになります。

もちろんメリットもあれば、デメリットもあります。
何かしらの原因で不正利用されてしまえば、チャージバックが発生するのは必然です。
チャージバックが発生してしまえば、当然のことながら料金を手にすることはできなくなってしまいます。さらに、チャージバックは商品発送後に発生するケースが多く、手元に戻ってくることもまずありません。
ですから、商品をそっくりそのまま失ってしまう事になるのです。
それだけであれば金額的な部分でのマイナスだけではありますが、根底にあるクレジットの不正利用が発生しているというのは、それだけで会社としての信頼を揺るがしてしまうほどの大きな問題なのです。
それゆえに、イーディフェンダーズの提供しているサービスは非常に重要になっているのです。